若気のいたり

宅録3人組ザ・ブレーメンのメンバーによる交換日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

タケシ日記~海山越えて君に会うのよ~

『さざなみCD』 スピッツ

どうしてこんなに色褪せないバンドなのか。
『魔法のコトバ』『ルキンフォー』『群青』の強力シングル達からでも十分予想できていたけど、もう本当にスピッツ絶好調。
このスピッツの新作『さざなみCD』は上記のシングル曲があくまでシングル曲っぽいってことで選ばれたわけじゃなく、他の曲たちもそれ級なんだけどあくまでチョイスの問題で選ばれた曲たちであることがわかります。
本当に近作の中でもずば抜けて俺は素晴らしいアルバムだと思います。
メロディひとつとっても、マサムネさん、今がメロディの才能最高潮なんじゃないかって本気で驚くくらい凄いですよ、ひとつひとつの曲が。

ひとつひとつの曲たちが素晴らしいのだけど(本当に今回は特に)、1曲目の『僕のギター』、12曲目の『漣』、最後の13曲目の『砂漠の花』について今回は書いていきます。
このアルバム、本人たちはどういうつもりで作ったかはインタビューとか読んでいないので正確にはわからないのですが、俺はひとつのテーマに沿ったコンセプトアルバムに聞こえました。
何のコンセプトアルバムかと言えば、死と対峙して、乗り越えようというテーマに沿ったアルバムです。
12曲目『漣』→最後13曲目『砂漠の花』と流れで聞いて、あぁそういうことか、と気付き、もう涙が止まらなくなりました。

“なぜ鳥に生まれずに 俺はここにいる?”

“ぬるい世界に憧れ それにやぶれて”

“こぼれて落ちた 小さな命もう1度
 匂いがかすかに 今も残っているこの胸にも
 翼はないけど 海山越えて君に会うのよ”

12曲目『漣』


“砂漠の花の思い出は今も 僕の背中をなでる
 生きていく力をくれたよ”

“君と出会えなかったら モノクロの世界の中
 迷いもがいてたんだろう”

“ずっと遠くまで道が続いてる 
 終わりと思ってた壁も 新しい扉だった”

“砂漠の花の思い出を抱いて ひとり歩いていける
 まためぐり合う時まで”

13曲目『砂漠の花』

この世界から永遠にいなくなってしまった、大事な人に会いに行こうとしている歌のように聞こえて仕方がありませんでした。
自ら死を選んで会いに行くのではなく、これからもこのすぐに飛んでいけない砂漠のような現実の世界でなんとか生きていって、もういなくなったあなたにいつか会いにいくよ、という歌に聞こえました。
なんていうラブソングなんでしょう。


そしてもう1度1曲目に戻って『僕のギター』。
この世界にまだ生きている僕は何をするのか。

“そして君を歌うよ
 小さなことが 大きな光になってくように
 かき鳴らしては かき鳴らしては 祈っている”

“ずっと君を歌うよ
 おかしいくらい 忘れたくない ひとつひとつを
 消えないように 消えないように 刻んでいる”

1曲目『僕のギター』

僕はこの先も生きていく、あなたのことを歌う、忘れないように刻んでいくからね。
こんなラブソング他にありますか。


このアルバムはとにかくどの歌も完成度が高くて、ポップ度からいっても本当に素晴らしい出来です。
こういった聞き方で聞いた、そして本当に素晴らしいと思った、ということでどうかみなさんもスピッツの最新作を楽しんでください。
スポンサーサイト
  1. 2007/10/12(金) 00:19:17|
  2. タケシ日記
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<タケシ日記~明日とか未来のことを好きになりたいな~ | ホーム | タケシ日記~小さなことが 大きな光になってくように~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://broccoli2004jp.blog55.fc2.com/tb.php/89-cb52938d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

スピッツ

スピッツスピッツ (''Spitz'')* :de:Spitz|Spitz - 尖っているという意味のドイツ語、姓。原義。ただし標準ドイツ語での発音は「シュピッツ」である。* スピッツ (犬) - 犬の系統の一つ。耳が尖っているため上記のドイツ語が付けられた。また、スピッツ系
  1. 2007/10/12(金) 10:34:22 |
  2. なるみのブログ

FC2カウンター

プロフィール

ザ・ブレーメン

Author:ザ・ブレーメン
2000年生まれの宅録3人組です。
ほとんどメンバー間で喧嘩もなく無事6年目に突入しました。
『ブレーメンの隠れ家』というHPでマイペースに活動しています。
この「若気のいたり」ではメンバー3人が日々のあんなことやそんなことを書いていきます。
「旧・若気のいたり」はコチラ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。