若気のいたり

宅録3人組ザ・ブレーメンのメンバーによる交換日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

タケシ日記~アナバプテストかもよ~

Grapevine『指先』

“何度も奏でて 色褪せて
 悲しい程 繰り返そう
 何も変わらなくたっていい
 このままでいられる様
 ここに突っ立てるよ”

というわけで入って来ました、グレイプバインツアー2007『ママとマスター』。
もう行って帰ってきたばっかりだし、とにかく久しぶりのライブだし、バインのライブなんてひょっとしたらいつか行ったフェスのとき以来だし、そもそもバインのCDはレンタル中心というなんともファンの皆さんには申し訳ない気持ちになるような俺的事情があるし、とりあえずこれから先物凄くネタバレというかセットリストとか書きまくるので、気になる方は見ないようにしてくださいね。
あぁ、興奮収まらない。


と、書いておいてなんだけど、正確なセットリストは覚えてない+正確なタイトルよくわからん、なお粗末な状態なので、覚えている演奏した曲たちを中心に書きます。
たぶん検索すると出てきます。

田中白シャツ。
がぜんテンション上がります。
もちろん最新アルバム『From a smalltown』からの曲が中心で、っていうか全曲やったんでないか?
このアルバム(まぁここではにわかファンなのはあくまで置いて書きますよ、もちろん)等身大のバインが持てる力を最大限に出して作ったアルバムで、ここ近作のメロディは抑え目+田中切れまくり+音カオス過ぎな傾向ではなく、『smalltown,superhero』で顕著なように非常にバインメロディの素晴らしいところが多く出ていて、なおかつ歌詞もぶっとび具合を抑えて、というか非常にわかりやすく重厚な歌詞で、個人的に凄く感動したアルバムでした。
っていうか本当に名作。
俺はやっぱり初期『退屈の花』『Lifetime』『here』のころをリアルタイムに聞いていた世代なので、どうしてもそっちが好きで好きで仕方ないのですが、それでも本当に名作。
今回のライブの中でも、『指先』『棘に毒』(もう本当に『退屈の花』に入っててもおかしくないくらいポップかつ毒!)『ママ』なんかは本当に圧巻というかメロディと音のバランスと田中の歌声が本当に素晴らしかったです。
ってか音良いなぁって今更びっくりしていました。

過去の曲からは、3曲目の『覚醒』で思わず声と鳥肌が立って、『豚の皿』は本当に圧巻。
やっぱりライブで聴くとなおカオスティックでやばい。
“群がりだす群がりだす”のとこなんかあれエンドレスでやられたら簡単に気が狂うと思う。
そして、『光について』。
もう本当にクラクラするくらい嬉しかったです。
初めてライブで『光について』聞きました。

“何もかも全て受け止められるなら
 何を見ていられた?
 誰もが浮かれてわかりあったつもりなら
 それだけでいられた いつも いつも”

本当はこう思っているっていうのを的確に言葉にされているようで、もうたまりませんでしたよ。
っていうか本当に普遍的名曲。
『Our song』とか『風待ち』とか『望みの彼方』とか、他に聞きたかった曲がたくさんあったけど、『光について』が聞けたからいい。

本編は『Fly』→『smalltown,superhero』でしっとり終わり。
アンコール。
「昔の曲をやります」で始まったのが、『涙と身体』ですよ!!!!!
そんで次の曲が『遠くの君へ』ですよ!!!!!!
まさかライブで聞けるとは思わなかった。
コモリくんにあとで自慢しよう、と思いました。
というわけで自慢しています。


全編通しての感想。
やっぱりバインの曲は、どの曲も限りなく甘くて、それでいて覚めていて、っていうあまりに当たり前な感想なんだけど、そう思いました。
最新アルバムの曲はしっかり聞けたし、昔の曲はすんごい嬉しかったしで、最高に興奮したライブでした。
いっしょに行った19才の同僚は「長く感じました」と言っていたけど、あっという間に感じた2時間半でした。
すごいぞ、バイン。
スポンサーサイト
  1. 2007/04/14(土) 03:13:00|
  2. タケシ日記
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<タケシ日記~Please kill me~ | ホーム | タケシ日記~ソラニン~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://broccoli2004jp.blog55.fc2.com/tb.php/65-598f6e11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

飯島直子 愛欲同棲もピリオド? TBSドラマ「冗談じゃない!」のネタバレ・ハプニング集

4月15日スタートのTBSドラマ「冗談じゃない!」に出演する飯島直子(39)。主演は織田裕二と上野樹里。飯島は、惚れっぽい性格でイイ男には目がないというファミレス店長を演じる。私生活でも&quot;イイ男&quot;には目がない彼女、13歳年下の新宿歌舞伎町の元ナンバーワンホス
  1. 2007/04/14(土) 09:32:02 |
  2. 飯島直子 愛欲同棲もピリオド? TBSドラマ「冗談じゃない!」のネタバレ・ハプニング集

FC2カウンター

プロフィール

ザ・ブレーメン

Author:ザ・ブレーメン
2000年生まれの宅録3人組です。
ほとんどメンバー間で喧嘩もなく無事6年目に突入しました。
『ブレーメンの隠れ家』というHPでマイペースに活動しています。
この「若気のいたり」ではメンバー3人が日々のあんなことやそんなことを書いていきます。
「旧・若気のいたり」はコチラ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。