若気のいたり

宅録3人組ザ・ブレーメンのメンバーによる交換日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

タケシ日記~さよならミュージック~

2007年これは良かったなぁっていうCD3枚選ぶならこれだなセレクション

・スピッツ『さざなみCD』
・くるり『ワルツを踊れ』
・RADIOHEAD『IN RAINBOWS』

上2つは過去の日記におそらく書いてあるからそちらを読んでいただくのが早いかと。
レディヘの新作は今日たった今聴き終わったところだから正直興奮が勝っている状態なので、他の2作品と比べて時間を置いて振り返ってもなお素晴らしいと思うっていう要素が抜けているけど、もうこれは別格ということで良いんではないでしょうか。


RADIOHEAD『IN RAINBOWS』

レディオヘッドの新作足りうる革新的なサウンドか?と言われれば、100人が聞いて100人ともこれは今までにまったくない音楽だ、と言うかどうか疑問だけれど、少なくとも今までのレディオヘッドの作品を多少なりとも真剣に聴いていたファンの一人として答えるとすると、これは革新的なサウンドだと言い切ってしまえるし、今までのレディオヘッドの作品の中でも2番目か3番目くらいに好きな作品になりそう。
一番最初はCDを買って車を運転しながら聞いたので色んな音が細かく聞き取れていない状態で聞きながら思ったのは、この作品が2ndアルバムの『ベンズ』の次の作品として発表されていたとしたらレディオヘッドの歴史はもう少しわかりやすい歴史というかみんなが納得いく歴史になっていたんだろうなってことで、要は『ベンズ』のポップさと『OKコンピューター』のあの重工業工場全体が物凄い運動神経を持つ生き物のように動き回っているみたいなとんでもない音の塊のダイナミズムが融合された感じの作品だなってことでした。
そんで家に帰ってそれなりの音楽環境で聞いてみたらば、何?これ普通に聞いてるけどどうやってこの音作ってるの?って音の連続でした。
この作品がどのような評価をこれから先受けるかはわかりませんが、俺の中でのこの作品はレディオヘッドがようやく10年くらいかけてレディオヘッドっぽい音楽をもう1度作ってみる気になったアルバムという感じがします。
当然だけど、ぱっと聞きあっさり聞けるけど物凄いことやってるアルバム。
例えるなら、俺のこの携帯電話、内蔵された発電機関の核融合したエネルギーをそのまんま使って動いてるんですよ、みたいな感じ。
よくわからないのは書いてる本人もそうなのであまり気にしないでください。


そんなわけで明日新潟帰ります。
とりあえずこの日記が今年最後であろうと思うので、どうかみなさん良いお年を。
来年も今年同様ブレーメンの曲をいくつかみなさんにお届けできたらなと思っています。
今年は3曲お届けできましたが、個人的にはとても手応えがあった曲たちでした。
特に俺は『小さなこと』がこの2007年に作れたことがとても大きいことのように感じています。
どうかみなさんの2008年にもこの『小さなこと』がたまに聞いてみる曲の1曲になっていますようにと思っています。

そんでこれ、最近聞いて良かった曲。
こういう曲がたまに聞けたりするから音楽好きであることはとても素晴らしいことだなってことを再確認したまま2008年にお会いしましょう。
ではまた来年。

the ARROWS『さよならミュージック』

http://www.youtube.com/watch?v=XvhHgXzlEb0
スポンサーサイト
  1. 2007/12/29(土) 02:36:54|
  2. タケシ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タケシ日記~翌日~

syrup16gが解散します。
来年新しいフルアルバムを出して、3月1日に日本武道館で最後のライブをして、そのあと解散。

できるだけ正確に今の俺の感情を表現しようとすると、あぁそうだよなそうなんだよな、っていう感じで、もうこの世の終わりだとか、これからどうしていいかわからないとか、そういった感じにはなっていないです。
ショックだとか、怒りに似た気持ちはあるにはあるけど、それも俺が言ったところでどうしようもないしな、と思います。
大好きなバンドで、本当に大学の2,3年生のときから聞き続けてきたバンドで、本当に何度もシロップの歌を聞いて救われたし、俺の大事な思い出のいくつかのシーンにシロップのいくつかの曲たちが密接に結びついていて、それはきっとこれから俺が生きている限りずっとそうなんだろうなと思います。
でも、俺の今の感情は、結構感傷的にはならず、普通の生活を送っています。

シロップの歌は、きっとこういう気持ちの歌です。
本当に好きなものや人がいなくなったときに、俺はきっと気が狂えないだろう、きっと死を選ばないだろう、きっと何ごともなかったように生活できてしまうだろう、という歌です。
それはきっと俺の心の中の何か大事な部分が本当はもうなくなってしまっていて、それはきっと取り返しのつかないことだし、それは今まで生きてきた過程の中で仕方のないことだと思うし、こんなに悲しいことなのに俺は結構タフに生きてしまえる、それはとても醜いし人間として終わっている気がする、という歌なんだと俺は思っていて、実際そういうことを表現したバンドだったと思います。
これって本当に俺は凄い表現だったと思います。
ここまでリアルに人間の喪失感を表現する人は本当に稀有な存在だと俺は思うんです。

「もうこれ以上迷惑はかけれないから」という解散の理由も俺はとてもシロップらしい理由だと思います。
きっと色んな葛藤や願いがあったんだろうなと思うし、それが随分前から今まで続いてきたんだな、と俺は愚考します。
ネット上の色んなこの解散に対する声で、一番俺が共感するのは、頼むから五十嵐よ何をしていてもいいから生きていてくれ、っていう声で、俺も本当に心からそう願います。
3月1日、見にいけたらいいな。
  1. 2007/12/12(水) 23:24:48|
  2. タケシ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

FC2カウンター

プロフィール

ザ・ブレーメン

Author:ザ・ブレーメン
2000年生まれの宅録3人組です。
ほとんどメンバー間で喧嘩もなく無事6年目に突入しました。
『ブレーメンの隠れ家』というHPでマイペースに活動しています。
この「若気のいたり」ではメンバー3人が日々のあんなことやそんなことを書いていきます。
「旧・若気のいたり」はコチラ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。