若気のいたり

宅録3人組ザ・ブレーメンのメンバーによる交換日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

タケシ日記~手を取り合って 肩寄せ合って~

2次方程式の解、わかりますか?
ax^2+bx+c=0の解。
x=-b±√(b^2-4ac)/2a なんですけど、これをどうやったらこういう解が出てくるんだっけ?と仕事が終わって一番ホッとする風呂に入り前に会社先輩に聞かれたとしたら、あなたは答えられますか。
俺は思ったね、こういうのをすぐに答えられるかっこいい大人になりたい、と。
結局風呂に入っている間考えてわかんなくて、上がってからしばらくノートで因数分解っぽいのをやってもラチがあかなくて、インターネットで検索して『ああ!そうそう!こういうのあった!』とようやくわかったという体たらくなんですが。
解を導くこういう式の展開をなんてお洒落なんだろうと思いました。
数学の式の展開がお洒落だ、なんて思う日が来るとは思わなかったな。
きっと3ヶ月後の俺に聞いても忘れていると思うけど、今なら俺2次方程式の解を導けるよ!


昨日、200Vの機械の電源を落とさずにうっかり導線を触って、うっかり死に掛けた俺ですけど、あれですね、ビリっと来るもんなんですね、当たり前ですけど。
電気って目に見えないもんだからよくわからないし嫌いだ、なんて思っていたけど、こうやってビリっと来ると妙に納得したというか、ああ、ここのブレーカーが入っていたからここの線に電流が流れていて、それに触った俺が感電したわけなんだな、とやけに合点がいったというか。
俺は基本機械屋さんなのでこうやって動いてこうやって運んできて、って目に見えるもんを作ったりしているわけで、そういったもんはわかりやすいから安心できるんです。
ここに気をつけなきゃだな、とか、こんな動きをしたらここのスペースに合わないな、とか目で確認できるから。
でも、電気もまたそこにあるんだ、とわかった記念すべき日でした。
あとは化学だ。
あれも俺はよくわからん。
誰か目に見せて俺を納得させてください。
しかし、目に見えるものしか信じない、というのは、実は結構駄目なロジックで、3連休で実家に帰ってたときに読んだ漫画で『目に見えないものは信じないって、空気や友情もそうですか?』というセリフに俺は、なるほどな、と思ったのでした。
空気って確かにあるもんね。

理系っぽい日記でしょ。
基本理系な人間なんです。
スポンサーサイト
  1. 2007/09/19(水) 23:27:57|
  2. タケシ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タケシ日記~さよならいつかは笑顔で会えるよ~

くるりLive/高崎市文化会館 070914

行って来ました。
以下、ネタバレに気をつけて読んでね。 [タケシ日記~さよならいつかは笑顔で会えるよ~]の続きを読む
  1. 2007/09/14(金) 23:33:28|
  2. タケシ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タケシ日記~9月のソーダ~

PERIDOTS『9月のソーダ』http://www.universal-music.co.jp/peridots/

前作の『peridots』から久しぶりに新しい曲を聞いたわけだけど、本当に稀有な存在じゃないか、この人は。
表題曲の“9月のソーダ”は作詞作曲とも本人ではなく、作曲はあのYUKIとかの曲をよく作ってる蔦谷好位置さん。
作詞は、脚本家の方なんですね、金子さんという方。
こっちのほうがそりゃあポップで、どんな歌歌ってもperidots的にはいけますよ?っていうことなのかどうなのか知らないけど、まぁこっちも良いわけだけど、やっぱりカップリングの本人自作“9月の木洩れ日”が素晴らしすぎます。

“9月の木漏れ日を浴びて歩こう
 僕らのことを祝っている
 もう自分を疑うことはない
 君のことをもっともっと
 深くわかりたいんだ
 大きくなったハートで”

前のアルバムに入ってる“shoulder”だってそうなんだけど、この人は自分の声の持つ力を良くわかってらっしゃるんでしょうね。
この人の声は、聞く人の印象としてきっとこの人は静かに深く考える人なんだろうなっていう印象がまずあって、その人からこんなまっすぐなありきたりなラブソングのフレーズを素敵なメロディに乗せて歌われたらそりゃああんたもう素晴らしいよ、と思うわけです。
そういう人でなきゃこの直前の歌詞なんて出てこないよ。
本当に素晴らしい歌詞で、これを聞いた瞬間俺は鳥肌立ちました。
歌にして聞いた方がいいと思うのでここには書きませんが、興味のある方はどうかぜひ一度。
アマゾンなんか今注文すると発送まで4~5週間とか言われるけど、是非おっきなレコード屋さんの『ヘ』の欄を探してみてください。
きっとさりげなく置かれているけど、きっと小沢健二とか草野マサムネとかそれ級だよ、この人。
  1. 2007/09/09(日) 19:18:05|
  2. タケシ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

タケシ日記~何でもない毎日が記念日だったと今頃気づいたんだ~

チャットモンチー『橙』をyoutubeで視聴しました。
そしてチャットモンチーの色んな曲を聴いてみた。
そしてなんかもうとんでないね!って思った。
女の子3人で3ピースの紛れもないギターロックをやるっていうのが余りに新鮮だったもんだからそういう風に今まで聴いていたんだろうな。
もう本当に素晴らしいと思いました。

チャットモンチー『橙』
http://www.youtube.com/watch?v=UOtcGp4zRts&mode=related&search=

こういうロック音楽の素晴らしさなんかを言葉にしようと思うと途端に遠くなってしまうような気になります。
こんなメロディでこんな歌詞でこんなアレンジで、っていうのにいちいち驚いてます。
あぁ、凄いぞモンチッチ。
日本のロックの癖というか、ちょっと斜めに見てますよ?っていう感じってもうなくなるのかもしれないね。
こういうの聞いてると本当にそう思う。

チャットモンチー『シャングリラ』
http://www.youtube.com/watch?v=yZZzKwyksJU&mode=related&search=

チャットモンチー『サラバ青春』
http://www.youtube.com/watch?v=Z6mMY9s-Ih4&mode=related&search=


もう困っちゃうくらい名曲じゃないか。
しかもギターロックの。
なにより3人さん、Tシャツがすんげぇ似合ってるっていうのがこりゃすげぇよね。
  1. 2007/09/05(水) 22:29:10|
  2. タケシ日記
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

タケシ日記~不思議だけれど二人でなら大丈夫と思える~

結局『カラマーゾフの兄弟』を読み始める。
上・中・下巻、どれもこれもひたすら凄いボリューム。
いつ読みきれるかどうかわかりませんが、読み始めた感想としては面白そう。
ドドドドドストエフスキーを読む日が来るなんて想像したことなかった。
今度あったときにやけに語尾に「!」が多い話し方になっていたら、相当面白かったんだなと察してあげてください。
とにかく今の日本人が読むとなぜここでそんなにテンション上がる?と多少疑問に思う会話シーンが盛りだくさんです。
最近は本を意識的に読むようにしていて、ちょっと前までノンフィクション系のものばかり読んでいたんだけど、ちょっとなんかいけないなと思い始めてフィクションのものを読むようにしています。
どっちもどっちの良さがあるんだけど、きっとノンフィクションばかり読んでいたらあんまり面白くない頭になりそうな気がして。
事実があるってわかりやすくていいんだけどね。


そういえば今回の世界陸上、少しも見ていない気がします。
今年も織田くんは絶好調だったんでしょうか。
俺も見ていたらいつものようにハラハラしたんでしょうか。
あの見ているこちら側がどうしたものかなと思ってしまう司会っぷりは健在でしたか?
なんか世界陸上って深夜になんも見るものないから思わず見てしまうっていうスタンスが俺の中で決まっていて、今回はああやってるなぁという感じしかしなかったな。
今度はどこで開催するかわかりませんが、深夜ならきっと見ます。
そういえば織田さんと松岡修造って生放送のTVを通すと被る気がするんだ、今思った。

  1. 2007/09/02(日) 21:33:14|
  2. タケシ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2カウンター

プロフィール

ザ・ブレーメン

Author:ザ・ブレーメン
2000年生まれの宅録3人組です。
ほとんどメンバー間で喧嘩もなく無事6年目に突入しました。
『ブレーメンの隠れ家』というHPでマイペースに活動しています。
この「若気のいたり」ではメンバー3人が日々のあんなことやそんなことを書いていきます。
「旧・若気のいたり」はコチラ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。