若気のいたり

宅録3人組ザ・ブレーメンのメンバーによる交換日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新曲 『2ndHomeTown』 UPしました!

ブレーメン新曲 『2ndHomeTown』

MP3File→→→http://www.geocities.jp/broccoli2004jp/music/2ndHomeTown.mp3

歌詞→→→http://www.geocities.jp/broccoli2004jp/words/2ndHomeTown.htm

ブレーメンの新曲です!
タイトルは『2ndHomeTown』という曲です。
どうか聞いてみてください。

カズもちょっと前の日記で書いていますが、この歌は1年前(2006年)のちょうど今頃作り始めた曲でした。
小さいアパートでビールを飲みながら目前に迫った卒業に向けてなんとなくセンチメンタルになりながら。
タイミングが合わなくてずっと作れなくて1年後の今、ようやく完成しました。
僕らの周りはこの1年で就職したり、進学したり、家族を持ったり、色々変化の多い1年でした。
僕らが大学のときに住んでいた町が2の町と呼ばれるところで、このタイトルの『2ndHomeTown』はこの呼び方からヒントを貰ったタイトルなんですが、これから一人暮らしを始める人にとってみればこれから『2番目のホームタウン』に向かうわけで、もうそこを巣立って『3番目のホームタウン』に来ている人もいるわけで、そんな本当の意味で故郷じゃない、でも特別な場所のことを歌った歌です。
みなさんの特別な場所を思うときにこの歌がいっしょにありますようにと作った歌でした。
2の町に縁のあったみんなにも、これからどこかに旅立つ誰かにも気に入っていただけたら嬉しいです。

(文責:タケシ)
スポンサーサイト
  1. 2007/03/22(木) 11:39:19|
  2. ブレーメン日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

タケシ日記~例え話を出さずに君を守れるだろうか~

・ミスチルの新しいアルバム『HOME』を聞いてる。
いいですね。
ミスチルのオリジナルアルバムを買うのは何年ぶりだろう。

・Sotte Bosseの新しいアルバムも絶賛ヘビーローテーション中。
前のアルバムが良すぎたから聞くこっちの耳も変にハードル高くなってたけど、うん、やっぱり声が素晴らしいから良い。
オリジナル曲が1曲入っていて、それもとても良い。
オリジナル曲も聴いてみたい。
『チェリー』は震えた。

・邦楽はちょこちょこ聞いているんだけど、どうしても洋楽の新しいアルバムや期待のニューカマーなんかのアルバムにはどうしてか積極的になれない。
そんなに言うほど良いか、って変に嫌な25才男性になっている。
でもどうしたってリバティーンズみたいなバンドが良いに決まってる。

・ブレーメンの新作の話。
カズがプレ告知をしてから早1週間ですが、もうしばらくお待ちくださいね。
『きっと色んなことがあって遅れているんだ』、と想像力をどうか我々に好意的に働かせていてくれたら嬉しいです。
ちなみに俺は毎日デモを聞いてます。
だって作ってる本人たちの一人だから。

・春なんか嫌いだよ、ってコモリくんが毎年言う季節が近づいてきてますが、毎年、俺も嫌いだね春なんて、って思っています。
無理して春を好きにならなくていいと思わせてくれたのはコモリくんでした。
こういう自分的ブレークスルーって大事だよね。

・スーパーカーの『Lucky』の着うたをダウンロードした。
Aメロからなんて泣かせるじゃない。
そういえばこの春にスーパーカーの『スリーアウトチェンジ』の豪華盤みたいなのが出るらしく、社会人2年生独身の俺は迷わず買うんだと思う。
これでこのアルバム4枚目だけど、きっと買う。
そして、きっとレコード会社の人もこういうのをきっと知っているんだと思う。
そう思うと嫌な気持ちになるけど、それも悪くないほどちょっとこのニュースは嬉しかった。

・こういう短文だったらいつでも書ける。
変に、よし今だからこそSyrup16gを振り返ろう、とか、97年とはどんな年だったのか、とか書こうとするから良くないんだよね。

・というわけで、では今日はこの辺で。
花粉症にはまだなっていません。
  1. 2007/03/16(金) 00:03:08|
  2. タケシ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

2nd Home Town カズ日記

卒業シーズンですね。

僕の後輩なんかもいま卒業旅行にでかけています。
だいたい男の卒業旅行なんてのは札幌だったりするわけですがね。
1年、なんて早いんだろう。

「ニの町」
ブレーメンの拠点だったコモリ家、タケシ家、工学部のみんなの住処だった場所。
いつしか彼らの代名詞にもなっていました。
一年前、長く住み慣れたこの二の町を卒業する折、小森くんとタケシが曲をしたためました。
「二の町ララバイ」
これはその後、一年もの間(魔の平成18年)ずっと手をつけられずに眠ってきました。
僕が正式にこの曲のデモを聞いたのは月経由を制作し始めたちょうどその頃だったと思います。
タケシから携帯に保存されていた音声ファイルをもらいました。
これは作るっきゃない!
最初に聞いたときにそう思いました。
卒業の歌は自分もずっと作りたいと思っていたし、
何よりちゃんと形にして二の町にみんなに聞かせたいと思いました。

そして二の町を旅立って1年が経つ今、現在の立場として歌詞も少し変えてようやくお披露目できそうです。
いま8~9割がた完成しています(1年前には考えられないハイペースw)。
上手くいけば来週にはUPできるのではないかと思います。
曲目は「2nd Home Town」
  1. 2007/03/06(火) 17:32:54|
  2. カズ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タケシ日記~ブルースブラザーズ+運命じゃない人~

週末、2本映画を見ました。
『ブルースブラザーズ』(DVD)と『運命じゃない人』(深夜TV)という映画です。
『ブルースブラザーズ』はもう俺的映画No.1をあげてしまってもいいんじゃないかってくらい好きで好きで好きな映画で、これがなんと今なら1980円でDVDが買えるわけなんで、もうポチっとなとamazonさんで購入。
便利だ、便利すぎるよネット社会。

『ブルースブラザーズ』はあの黒ずくめの凸凹兄弟が出てくる映画で、音楽しか脳がないどうしようもないろくでなしの兄弟が歌ったり踊ったりカーチェイスしたり昔の女に追われたりポリに追われたりカントリーバンドに追われたりバズーカ打たれたり電話ボックス吹っ飛んだり最高に素敵な歌を歌ったり素敵なステップを踏んだりする映画で、要はもうこれが俺の理想!という映画なんですが、何度目だろうこの映画見るのはってくらい見てる映画なのにほんとに毎回ドキドキする。
俺が興奮すると1文が長くなることを考えるととんでもなく興奮しているのが伝わってくるでしょう?
もう↑の通りの映画なんですが、俺は踊れもしないダンスをこの映画を見ているとどうしても踊りたくなります。
あぁ、ステップを踏みたい!となります。
音楽の神さまもきっとこの映画好きなんじゃないかなって思います。
また近いうちに見るね、だってDVDだもん。

『運命じゃない人』は何気なくTVを見ていたらなんとなく面白そうだった日本の映画で、なんとなく見ていたら、これがなんともよくできた面白い映画でした。
ある夜に起きた色んなこと、それが重なって重なって、というなんかマグノリアのような、でも明るいタッチの映画でした。
あとで調べたらやっぱり結構評価が高かった映画のようで、なんだか得した気分です。
白ワイシャツとネクタイがとっても似合う普通の男の人が主人公。
なんだ、いつもの邦画じゃないかって思うとあなどれませんよ。
もう正直日本映画の映像美とか説明不足のセリフには飽き飽きだぜ、ってとんがった人には是非一度。
でももう↑のような文科系の日本映画って今は少ないのかもね。
だからって派手に爆発すればいいってもんじゃない。


映画を見たり、音楽を聞いたりする毎日が戻ってきたんだなぁと最近思います。
ブレーメン活動再開もなんだか偶然じゃない気がしてきたぞ、うん。
  1. 2007/03/05(月) 23:08:34|
  2. タケシ日記
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

FC2カウンター

プロフィール

ザ・ブレーメン

Author:ザ・ブレーメン
2000年生まれの宅録3人組です。
ほとんどメンバー間で喧嘩もなく無事6年目に突入しました。
『ブレーメンの隠れ家』というHPでマイペースに活動しています。
この「若気のいたり」ではメンバー3人が日々のあんなことやそんなことを書いていきます。
「旧・若気のいたり」はコチラ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。