若気のいたり

宅録3人組ザ・ブレーメンのメンバーによる交換日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

24歳のメリークリスマス カズ日記

ごぶさたですー。

ご無沙汰しておりました。

いつも苦労かけてすまない。たけし殿。



さて、今日はクリスマスときたもんだ。
今年も親と過ごしてしまったクリスマス・イブだ。
親とケーキとか食いました。

なにか?

おふくろは早々に察知して三日前くらいからフライドチキンを予約するなど
何かと息子を気遣ってくれたみたいです。
こちとらそれを裏切れんじゃないですか。
親子愛ですよ。

しかも、なんかすることないからタイヤ交換しようと思って
タイヤのナットを外してたら、ボルトの先から折れて
普通、人力じゃありえないんだけど金属疲労とかもあって
ぽっきり折れたよ。アルトが。
修理屋に持っていって、これでいよいよ足も絶たれたわけだ。

夜、することないから研究室に来ました。
するとね、いるのいるの。みんなが。
だって夜の1時ですよ。
みんな、、、そうかぁ。
サンタさん。来るといいな。
こんなんじゃ若者の理系離れが加速するばっかりだね。


とまあ、今年もクリスマスに日記を書いてしまいました。
なぜか書きたくなるんだよね。一年を締めくくる時期でもあるし。

でもじっさいのところ、そんな生活でもいたって平気なものです。

クリスマス・イブに無精髭たくわえながら研究室でコーヒー飲んでるのって何かカッコいいじゃないですか。24歳の年頃ってそんな過ごし方しても悪くないなと。。。

27歳には恋人とクリスマス。
30歳には妻とクリスマス。
35歳には子どもとクリスマス。子どもと一緒にツリーを飾って。
40歳には子どもとその友人でクリスマスパーティ。
50歳には子どもは子ども同士。再び夫婦だけのクリスマス。
55歳には娘が連れてきた彼氏とぎくしゃくしながらのクリスマス。宿泊を許すかどうか選択を迫られる。
65歳には孫によばれはしないだろうかと淡い期待を寄せつつ、夫婦二人のささやかなクリスマス。プレゼントは25日の朝便で。

いやァ。なんて綺麗なんだろう。こんな人生だったらね。

淡い妄想でした。。。


そろっと報告会のネタ作ります。
んじゃ、また当分。
スポンサーサイト
  1. 2006/12/25(月) 04:05:18|
  2. カズ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タケシ日記~木曜洋画劇場~

今日のテレ東の木曜洋画劇場は『グラマー・エンジェル』という映画で、中学時代どうして俺の住んでいるところはテレ東が見れない地域だったんだろうと本気で悔しくなりました。
10分に1度はかならず意味もなく、いや、意味がないというのは俺の考えすぎかもしれない、なぜなら人間生まれたときは誰もが裸だったのだから、だからこれは自然なことなんだ、なんだそうか、そういうメッセージ性を持っている映画だったんだな、変なことを考えていた自分が恥ずかしい、まぁつまりは実にタイトルにはじない『グラマー・エンジェル』っぷりの映画だ。
今、スモウレスラーが意味もなく登場したけど、これもきっと意味があるんだな。
異文化コミュニケーションとかの何か。
基本的に水着なのはきっと舞台がハワイかどこかなんだろう。
さっきロケットランチャー的な何かでダッチワイフ的な何かをふっとばしたけど、あれは凄いな、あんなこと誰も思いつかないもの。
俺は今、とっても有意義な時間を過ごしているって実感がある。
ありがとう、テレビ東京。

とりあえずクリスマス間近だというのに、こんな毎日です。
割と悪くないと思っていますよ?
  1. 2006/12/21(木) 22:16:50|
  2. タケシ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タケシ日記~Hello,it's me.~

サイモン&ガーファンクルのベスト盤を最近買って今はRADWIMPSの新しいアルバムとこのCDを中心に聞いています。
RADWIMPSのことは非常にデリケートな問題なのでここではあまり多くは語りませんが、いや、待てよこれはこれで・・・、と思ってきたりしています。
サイモン&ガーファンクルは全然今まで聞いたことがなかったし、お名前だけは・・・、という状態だったんだけど、少し前にNHKの番組で『明日に架ける橋』の特集をしていて、この『明日に架ける橋』があまりに素晴らしい歌だと思ったので思い切って買いました。
で、やっぱりあまりに素晴らしい歌でした。

“あなたがとても損なわれて困難な状況におかれていたら 僕が君の身代わりになろう 君のために身を捧げよう”という内容の歌で、どうしてこの歌にここまで感動するのかいまいちよくわからないんだけど、どうしてでしょう、この歌を聴いているととても正直な気持ちになります。
(当然ですけど)俺にはこういった歌詞は作れないな、少なくとも今のところは、と思いました。
で、いつかこういった歌詞が書きたいなと思いました。
昔は絶対作りたくなかった内容の歌詞だったと思うんだけど。


先週の土日はカズと二人ブレーメンをしていて、新曲のデモ作りをしていました。
楽器とMTR(録音機械)とお酒とラジカセさえがあればこんなにも楽しいんだなと改めて思いました。
この場にコモリがいたらもっと楽しいし凄いことができるんだけど、近いウチにそういった機会もあるだろうからそれを楽しみにしております。
夕方から始めて夜中の12時くらいまでずっと音楽のことを考えて演奏して録音して、ある程度形にしてからお酒を飲みながらブレーメンの昔の曲達を聞いていました。
この曲のときはこういう感じだったよね、とか、これはこういった感じにして良かったね、っていうか俺たちすげぇし最高だよね、と酔いにまかせてたくさんおしゃべりをしていました。
で、ずっと思っていたことなんだけど、カズが言っていていたことで、やっぱりそうなんだなと思ったことがありました。
ブレーメンの曲の中で唯一歌詞が二通りある歌があって、『ブロッコリー』という歌なんですけど、カズが『この歌詞(通常Verとは違う歌詞)はとても良いと思う』と言ったのを聞いて、やっぱりそうだよね?となったのです。
『ブロッコリー』は俺たち3人が初めて作った歌で、それはそれはとても思い入れがある歌なんですけど。
この歌の別バージョンの歌詞は俺たちの友人の結婚式に作った歌詞で、とてもストレートな歌詞なんです。
3人でやいのやいのやって作った歌詞で、君の代わりはいないんだ、っていう歌詞がある歌で、このフレーズはとっても危なっかしいフレーズですけど、嘘じゃない言葉になっている歌です。
きっと本気でそう思えたからそういう風に聞こえる歌になったんだろうな。
サイモン&ガーファンクルの歌を聞いてて思い出していました。
いつか聞かせることができたらいいなと思っています。

新曲は、完成がいつになるか本人たちにも見当もつきませんが、なかなか良い感じのデモができました。
大体俺たちはざっくりとした形(デモ)を作って、ここはああでもないこうでもない、と作っていくんですが、デモはあくまでデモで、これから形をどんどん変わっていくものです。
これもどう完成されるか楽しみです。
タイトルは『月経由、地球行き』というタイトルになりそうです。
どうか気を長く待っていて頂けたら嬉しいです。
  1. 2006/12/15(金) 22:40:15|
  2. タケシ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

第5回オールナイトスッポン!

タケシ の発言:
ではでは、改めまして。
コモリ・・ の発言:
はいどうも
コモリ・・ の発言:
「コモリカツヤのオールナイトスッポウンヌ!」
タケシ の発言:
あんまりね、こうブレーメン活動してないんじゃないか、と、ちらほらと聞こえてきてましたので、
コモリ・・ の発言:
ええ
コモリ・・ の発言:
ですな、やってみます。久々に。
タケシ の発言:
文字でね、だらだらとスッポンをやりますよ、我々は。
コモリ・・ の発言:
我々は。文字でもね
コモリ・・ の発言:
やってみせるんですよ!
タケシ の発言:
いけるんだ!ということをね。
コモリ・・ の発言:
示していきたい。生きたい。
タケシ の発言:
久々のブレーメンとしての活動がやっぱりスッポンっていうのもアレですけども(笑
コモリ・・ の発言:
いや、アレだけど、レアでいいんでない。文字だからこそね、伝わるこの気持ちってのもあると。
コモリ・・ の発言:
言葉の魔術師!
タケシ の発言:
そうだね、こういう機転の利いた文字遊びなんかも伝わっていくからね。
コモリ・・ の発言:
伝えたい。そうなの。
タケシ の発言:
ともすれば我々なんかメッセでも下へ下へといってしまいがちですが。
コモリ・・ の発言:
そうそう。下々だよ。しもべだよね。下ネタのさ。
タケシ の発言:
コモがお風呂行ってる間に復習も兼ねて昔のメッセの記録なんかを復習してたのよ。
コモリ・・ の発言:
あら、復習が大事だよね。でも、それって気持ちわるいね。最高に。
コモリ・・ の発言:
でも、そういうとこいいと思うよ。
タケシ の発言:
そうだよね、気持ち悪いんだけど、やっぱり光ってたよね。
コモリ・・ の発言:
やっぱさ、第四回?あたりなんてのはさ、もう、電光石火なわけ。
タケシ の発言:
あれかい?HI○ETOの誕生日のやつ?
コモリ・・ の発言:
それも最高だが、あの二人で泥酔してるやつ。
タケシ の発言:
あー、飲んでますけどねー、とかいっぱい言ってるやつね(笑
コモリ・・ の発言:
そうそう。アドリブの限界ってのをさ、超えた気がするのよ。あれは。
タケシ の発言:
なんかラジオのコツみたいなのもなぜか掴んできてるころだしね。
コモリ・・ の発言:
そうそう。DJ気取りですわ。一応、みなさんに伝えておくとだ、、
コモリ・・ の発言:
この番組は、ほぼ、いや、全て、その場その場でやっているのです。台本、打ち合わせ一切なしで。
タケシ の発言:
うん。大事だね、そういう説明も。
コモリ・・ の発言:
そうなの。説明不足だから我々は。
タケシ の発言:
最初からもう飛ばしちゃうからね。
コモリ・・ の発言:
そうなの。全部、その場でやってるのかい?ってね、思ってほしい。「知って欲しい!(末っ子特有の気質)」みたいのがね。
タケシ の発言:
そうだね、俺のことどこまで知ってる?っていちいち確認したいもんね。
コモリ・・ の発言:
したいね。臆病だから。知って欲しいの。色々と。心の奥の奥までさ。
コモリ・・ の発言:
だいたい、15cmくらいはあるぜ。みたいなね。何がとは言わないよ。あえて。言わないよ。
タケシ の発言:
いつだって平均の長さってのも頭に入ってるぜ、ってのもね、伝えていきたいよね、臆病だから。
コモリ・・ の発言:
そうそう。平均を知ってないと、安心できないっていうね。あるの。あ、一応言っとくけど、↑の15cm~ってのは、なんていうか、指をいっぱい広げたときの、手の大きさってことだから。
コモリ・・ の発言:
多分。
タケシ の発言:
そうそう、あるよね、大体の目安ってのが大事だからね。
コモリ・・ の発言:
そうなの。
タケシ の発言:
こう、『お前どんくらい?』っていちいち聞かずにいられない中学生気質なところをね、ずっと大事にしていきたいよね。
コモリ・・ の発言:
大事にしたいね。大事マン・ブラザースのようにね。「大事マン」ってとこで切ると、「どんなヒーローだよ!」って言いたくなるね。
タケシ の発言:
それが大事。そういうところが大事。
コモリ・・ の発言:
大事なの。もう、ね。やさしくしてね。みなさん
[第5回オールナイトスッポン!]の続きを読む
  1. 2006/12/04(月) 00:12:14|
  2. ブレーメン日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

FC2カウンター

プロフィール

ザ・ブレーメン

Author:ザ・ブレーメン
2000年生まれの宅録3人組です。
ほとんどメンバー間で喧嘩もなく無事6年目に突入しました。
『ブレーメンの隠れ家』というHPでマイペースに活動しています。
この「若気のいたり」ではメンバー3人が日々のあんなことやそんなことを書いていきます。
「旧・若気のいたり」はコチラ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。