若気のいたり

宅録3人組ザ・ブレーメンのメンバーによる交換日記です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

タケシ日記~『1Q84』読み終えた~

村上春樹の最新作『1Q84』をようやく読了しました。
以下、自分なりにまとめます。
文章でまとめたほうが自分の中できちんと生理整頓されたものになるので。
だからこれから読む予定の方で事前にあまり情報を入れたくない方はもちろん読まない方がいいです。



村上春樹の近作の傾向通りの物語と言ってもいいかもしれません。
が、違う点はもちろんたくさんあります。
あるひとつの純粋な絶対的悪意のある存在とそれに対して受け入れられない思いで対抗していく物語が近作の傾向だとしたら(『世界の終わり』~『海辺のカフカ』)、この『1Q84』で描かれている物語も簡単に言うとそんな感じですが、「純粋な絶対的悪意ある存在」→「善か悪か判断のしようのないものだが、人間を確実に損なわせる存在」、とより物語の設定としては高度なものになっています。
『ノルウェイの森』に代表されるいわゆる初期~中期の作品には対抗という意識がなく、その大きな力にただただ翻弄される人間が描かれていて、そこら辺が初期の方が好き、最近の方が好きという好みの差がでるのだろうなぁと自分では思っています。
ちなみに俺は初期~中期の方が好きでした。
この『1Q84』を読むまでは。

(『ノルウェイの森』のラストシーンの現実の世界で生きていこうと決意する主人公が「僕はどこにいるのだ?」と理解できないまま終わる、『ダンスダンスダンス』での「踊り続けるんだ」という結論、というのは、村上春樹作品の転換点なのかも知れませんね、ちょっと蛇足で考えると)


この『1Q84』の中で一番重要な存在の“リトル・ピープル”と呼ばれるものについて、“リトル・ピープル”とは何なのか、を読者が自分の中で設定しなくてはいけません。
これは“人間に理由なく訪れる運命”なんだろうと俺は考えながら読んでいました。
例えば、明日大地震や大噴火が起きて今までの生活が取り返しが着かないくらい損なわれること、自殺のために他人を殺しまくる人間によって行われる事件に巻き込まれること、どこか自分とは違うところに住む人たちからお前らなんて死んでしまえと簡単に思われてミサイルのボタンを押されてしまうこと、あげればキリがないくらいある、本当は確実に存在するはず、存在する可能性は必ずある、説明の必要のない人間を極端に失わせる出来事の起こりうる、運命。
この『1Q84』はその運命に翻弄される人間たちの物語なのです。
自分の子供時代を暗く惨めなものにさせられること、何かを自分で選ぶということを放棄してしまうこと、深く誰かと結びつくことができなくなること。
こういった出来事も自分では選びようのない運命で、それはあまりにも理不尽で悲しくてあってはいけないことです。

運命とは普通の人には見えないしその声は聞こえません。
“リトル・ピープル”と直接コンタクトが取れる人間には資格が必要だし、その代償に失われるものも当然あります。
その運命に対して人間が対抗し得るのは何か。
それは即答で「誰かを強く想う愛という心」だといえる覚悟とタフさだ、というのがこの『1Q84』で村上春樹がこの世界に住む人たちへ伝えたいメッセージなんだろうと思います。
シンプルだけど、とても確信に満ちていて、この現実世界に生きているということはそのくらいの覚悟がないと自分で考えて生きるということを放棄してしまうことと同義なんだ、ということなんでしょう。
この世界に生きることの覚悟を迫る作品なんです。


全体を通して読むとかなり非現実的な世界観の物語のはずなのに(月が2つある、リトル・ピープルが空気さなぎを作る、猫の街に迷い込んで・・・)、村上春樹の洗練されまくった文章のせいで全くといっていいほど違和感がないまま読者はこの物語の世界に入っていけます。
1985年に発表された『世界の終わりとハードボイルドワンダーランド』を思い出して比較してみればこの20年の間に村上春樹の文章はここまで洗練されたのか、と今まで村上作品を愛読していた読者にもかなり驚かされるはずです。
俺はこの点が一番この作品で衝撃的だったかもしれません。
これは、本当に凄いことだよなぁ。

2巻目(本のタイトル的には『1Q84 Book1、2』という表記)のラストシーンはおそらく続編があるのではないかと思わせる最後だし、3巻目がもしでたらどういうことになるのかわかりませんが、とにかく最新型の村上作品なので愛読家の方は是非読んで俺と話しましょう。
最新作で、いつももうこれ以上のレベルはないんではないかと思わせるクリエーターと同時代に生きて最新作が読めるという幸運があることはとっても幸せなことですね。
俺はそんなことを強く思いました。

以上
スポンサーサイト
  1. 2009/06/15(月) 00:55:29|
  2. タケシ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タケシ日記~日本ほぼ縦断~

大分かー。
いやぁ見事に日本の(そして海外の)色んなところに散らばりましたな。
こういうときほどネットのありがたさを感じますなぁ。
一人暮らしの具合はどうだい?
彼が今ネット使える環境にいるかどうかよくわからないんだけど、コモはどうにかやっているようだよ?
台湾で車に轢かれたりしながらも。

ブレメンやろう!
あぁやりたいね、ブレメン。
  1. 2009/06/02(火) 20:47:07|
  2. タケシ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タケシ日記~shining hours~

とっても今さらですがLongwaveの3rdアルバムを最近聞きまして、こりゃあ本当にいいもんだいいもんだ!と興奮しながら毎日会社に歩いて行くときにiPodで聞いております。

http://www.amazon.co.jp/Secrets-Are-Sinister-Longwave/dp/B001GKYBXK/ref=pd_sim_m_1

このアルバムの1曲目の話。
エレキギターのコードストロークが淡々と始まって、あぁ素敵だなぁ、エレキギターの音ってなんでこんなに素敵でロマンチックなんだろう、とか別に完全に頭の中で言語化されていないようなことを漠然とただ思っているときにね、そのギターのストロークが始まってたった15秒くらいしか経っていないそのすぐあとに、一瞬にしてエレキギターとベースとドラムの音の洪水としかいいようのない塊が耳の鼓膜に叩き付けられるそのおよそ15秒後の瞬間こそが、俺がギターロック音楽が好きで好きでたまらなくって色んなCDやらなんやらをたくさん聞いている理由の根っこ、すなわち俺の好きな音ってこれ!こういうのが好きです!っていうようなものであって、要は本当に「俺のような」リスナーにはたまらない曲なんですよ。
俺はこういう曲が好きな人たちとこういう曲を聞きながらなんて素晴らしいんだろうねぇと言い合いながらいっしょに過ごしたいしこの興奮を誰かと共有したいですよ。
ごくごくシンプルにこのアルバムの曲たちを紹介するならば、レディオヘッド+ニューオーダー、と言ってしまえばいいかもしれません。
俺は全く、全く!その紹介の仕方を悪いと思いません。
だってそれって凄くね?そんなことレディオヘッドの人だってニューオーダーの人だってできっこないし現にそういうアルバム作ってないじゃないか。
それってすなわち最高じゃない?って思える人ならばとても興奮しながらこのアルバムを聞けると思います。
よく往々にしてある1曲目だけいいアルバムっていう感じじゃなく、他の曲たちも。
現に俺の今のところ1番好きなのはこの1曲目じゃないかもしれない。
(本当に最近1曲目だけいいアルバムって多くないですか?特に洋楽)

いやぁこういう曲たちを爆音でイヤホンから流しながらとぼとぼと会社に向かうっていうのは、とってもバランスが取れていていいなぁと俺は最近思っています。
社会人4年目です。
  1. 2009/05/25(月) 22:18:47|
  2. タケシ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タケシ日記~映画って本当に~

あけましておめでとうございますともう今さら言えないくらいもうすでにあけているんですが、それはそうと今さっき『メゾン・ド・ヒミコ』という映画を見終わったのでその興奮というか何か書きたい欲を満たすために久しぶりに日記を書きます。
『メゾン・ド・ヒミコ』は『ジョゼと虎と魚たち』の監督、脚本家がまたいっしょに作った作品です。
内容としては、突然自分がゲイだと告白して自分(娘:柴崎コウ)を捨てた父が作ったゲイ専門の老人ホームで、その父の恋人(オダギリジョー)と、オカマ老人たちと、自分の死を自覚して静かに死を待つ父と週末だけアルバイトとして過ごす、という映画です。
とにかくこの映画の何が素晴らしいかと言えば、もうこの脚本家と監督の相性の良さだ、ということに尽きてしまうかもしれないくらい全くブレのないピンと張った2時間くらいの映画なんですが、今回はそこは置いておいて、このぶっとんだ設定のどこにこの映画の素晴らしさのひとつであるどんな人間でも感じるであろう人間の気持ちの抽出があるのかということをちょっと考えてみたいと思います。

ここ数年で見た映画の中で一番俺が本当に見て良かったと思っているのが『ショートバス』というこれまた同性愛の人がたくさん出てきて重要な役割となっている映画なんですが、これも表のイメージに出てくるとにかく男も女も男同士、女同士、男と女でセックスしまくるという設定の中で、非常に純度の高い感情の抽出がなされていて、それが本当に見事というしかないのですが、この共通点とはなんなんでしょう。
まったくもってほぼ同性愛には無知なのでそこを掘り下げるわけにはいかないのですが、この設定の隠れたメッセージは『他者とどうわかり合うのか』ということに繋がるのではないかなぁと俺は思っています。
この設定にした時点でそのテーマが自動的に設定されている、と見る側は思っていいと思うのです。
マイノリティーである人たちはマジョリティーの人たちとはわかりあえない、という前提、というかテーマがあると。

『ショートバス』での主人公の女性のセックス時のオーガズムへの欲求などは「他者」と「自分」を肉体的な感覚としてひとつにしたいというメッセージと受け取ることができます。
現代人が存在的に感じているであろう自分と他者は全く、どう考えても違う生き物だという前提を乗り越えるのが、『ショートバス』ではセックスであり、その一見快楽的過ぎる行為は肉体的にも精神的にもひとつになりたいという欲求の塊なんだ、という表現は、非常にわかりやすいし、そんなことにしか頼れない人間になっている人たちの切なさを非常に的確に表現できていると思うのです。

『メゾンドヒミコ』にはゲイの人たちと異性愛者とのギャップがまずあって、プラス、自分を捨てた父と娘との距離感があります。
それがどうなっていくのかは映画を見てもらうしかないのですが、この映画ではゲイがどうとか、父と娘がどうとか、まったく何も言いません。
実際、この映画の後半では「本当虫唾が走るよ、あんたたちホモのエゴって」「どうしても父を許せない」と確認して、映画は終わります。
他者と自分は全く分かり合えない、と確認します。
この映画が素晴らしいのは、それを確認するために2時間のほぼ全てを使っているところです。

『ジョゼ』のラストシーンを思い出して欲しいのですが、最後に主人公の男の子が自ら捨てた楽しかった日々を受け入れて泣き崩れて、それでも日々が続いていくシーンで終わります。
自分たちに負荷のかかる楽しい日々には必ずそれ相応の覚悟が必要で、それを守れなくなっても仕方がない、それをただ悲しむことしかできない、というただそれだけを高純度で描いたとってもいいラストだと思います。

『メゾンドヒミコ』でもそれを確認してただ悲しむしかなくなった娘は最後にまたその老人ホームに招かれます。
そこでも何も解決はしないのですが、何故か見ている方としては、うん、まぁいいか、そうなんだよね、という気持ちになります。
不思議ですよね?
だからもう脚本と監督のなせる技としかいいようがないんですが。

「他者とわかりあう」、ということがどういう風に困難で、そう思うことはどうしようもなく切ないことなんだ、ということを高純度に抽出しているのが、『メゾンドヒミコ』『ショートバス』だと思うのです。
こういう簡潔に的確に短い文章で表現しきれないことを上手く表現できるというのが、良い映画(文学や音楽)だと俺は思います。
それを意味がない、メッセージがない、とか言われても、そうかなぁ、素晴らしいのになぁとしか思えません。
もう素晴らしかった。
満足。
  1. 2009/02/06(金) 00:56:10|
  2. タケシ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タケシ日記~やりたいことが多すぎて何もできない~

学生のときに「社会人になったらもう呆れるくらい欲しいCDは迷わずに買おう」と思ってたのに振り返るとあまり買ってなくね?って状況なのは、ひとつに基本的に家にいないからなんですね、おそらく。
で、iPodに入っている曲ばかり会社に行く間とか電車の中とか車の中とかで聞いてる、と。
これじゃいかんよ、ってことで最近結構またちょこちょこ買い始めました。
トム・ヨークのソロアルバムとか2年くらい前に出てたやつを今更聞いて、うわぁこれすげぇいいじゃん!って思って最近そればっかり聞いてます。
これ最近のレディヘの曲よりもよりメロディアスな曲ばかりで、どうせソロだからより気持ち悪い感じになってるんでしょ?って思ってたのを完璧に裏切られてもう嬉しいやらもったいなかったやらで。
最近とにかくiPodでもCDででも聞きまくってるのがシガーロスのアルバムたちなんですが、これだって俺が大学生くらいのときからよくお名前は聞いていたのにどうして聞いてなかったんだろう!本当にもったいない!っていうくらいもうメロメロです。
シガーロスのアルバムを集めだしたころからもっと音楽聞きたい!って思うようになってCDをまた買い始めた気がします。

↓↓↓YouTubeでとりあえずこれらを聞いてピンと来たならもうね、いっしょにお酒飲みましょう。
きっと楽しいお酒になりますこと請け合いですよ。



Sigur Ros『untitled#1(Vaka)』



Sigur Ros『staralfur』



Sigur Ros『Glosoli』

世界のどっかでこんな自分たちのおそらく思い通りの音楽を作れているバンドがいるっていうのは凄いことだ!って今さらながら感激しながら聞いています。
全ての音に作り手の意思があってその緊張感に溢れていてそれを一言でまとめると美しいって言葉になりそう、ってのはもうとんでもないですよ、マジで。


で、そんなシガーロスさんたちの今年6月くらいに出した最新アルバムのジャケットがコレだ!

シガーロス_残響

よ!このド変態!
  1. 2008/11/18(火) 23:03:48|
  2. タケシ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タケシ日記~2人で守っていこうね~

時は9月の終わりの3連休まで遡ります。
9月の3連休にカズたちと旅行をしている最中にコモリくんから電話があり、『やるべきなんじゃないか、俺たち』と言われ、『そうだ、今がそのときだ』と即断即決で急遽開催が決まった“上越サミット10・12”。
MTR(録音機械)、マイク、アコースティックギター、iPod、たくさんのケーブル、普段まったく聞かないクラシックのCD、あとはその場その場で大丈夫、とのことで行ってきました、上越に。
そして約3年ぶりにラジオを録音してきました。
事前の打合せ一切なし。
『オールナイトスッポンを録音する』ただそれだけ決まっていればそれで良い。

上越に着いてコモリくん家に向かって、一番最初に見たコモリくんの姿は、物凄い笑顔でこちらに手を振りながら、自分の車の運転席の窓を全開のまま水道水で洗車していた姿でした。
これだけで、「あぁ、(どこにかはわからないけど)戻ってきたなぁ」と思い、今日は良い録音が出来そうだと思いました。
コモリくんの偉いところは、そういったことに慌てず、騒がず、全てを受け入れて、そのあとお尻が物凄い濡れているだろうに全く気にせずに運転をしていたというところです。
結果だけを見れば、洗車はできずに「自分の車の運転席を水で塗らした」ってことだけだったけど、過程が大事だからさ。
成果主義なんてクソ喰らえだよ。
まぁ過程も、「自分の車の運転席を水で塗らした」ってことだけなんだけども。

そこからずっとラジオの録音だったわけですが、とりあえず良いものが出来たんではないか、とご満悦でした。
あれだね、ラジオとか録音しているときって冗談抜きで物凄く楽しいね。
これが仕事だったらと思うとぞっとするくらい。

というわけで、結婚おめでとうございます。
どういうわけなんだ?っていうのは大学時代の友人の結婚祝いにとラジオを録音してきたってことです。
われわれにはこんなことしかできませんでしたが、ちょっとでも喜んでもらえたら嬉しいです。
とにかく結婚式中は最初から最後まであぁこの2人が結婚するって物凄い嬉しいなぁって気持ちで一杯でした。
これからもずっと幸せでいてくださいね。
きっと美輪明宏さんもそう願っています。

と、久しぶりの日記でした。
ずっとこのこと書きたかったけど結婚式が済むまで待ってたら今日でした!
ではまた。
  1. 2008/10/29(水) 21:38:16|
  2. タケシ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タケシ日記~ポニョは、ポニョポニョしていたか?~

宮崎駿最新作の『崖の上のポニョ』を見てきました。
以下、その感想を。
もちろんネタバレなのでまだ見ていない方は“絶対”見ない方が良いです。
だって宮崎作品の最新作だから。 [タケシ日記~ポニョは、ポニョポニョしていたか?~]の続きを読む
  1. 2008/08/04(月) 22:04:26|
  2. タケシ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タケシ日記~誰かのさよならの声を~

・インディジョーンズの新作映画を見てきましたよ。
そして、あぁそうそう、そもそもインディジョーンズっていうのはこういうはちゃめちゃ過ぎてどこまでもエンターテイメントで頭なんて使うのよそうよ?って感じの映画だった、だった!と再確認しましたよ。
つまりはとっっても面白かったということです。
この映画の、脚本がどうとか、演出がどうとか、オチがどうこうとかいうのはただの野暮ってなもんで、全ての感情をこの映画に預けて見るのが100%正解。
俺は大いにストーリーを楽しみ、大いにオチで笑い、いやぁやっぱりこうでなくっちゃ!と上機嫌で映画館をあとにしました。
やっぱりスピルバーグだろうがルーカスだろうが、歳を取ればとるほど真面目なことをしたくなるのだと俺は思うのですが、こういう本当に頭を使わない120%娯楽映画を作ろうと思えるのはとっても凄いし素晴らしいことだなと思います。

・そういった意味で、プライマルスクリームの新譜、今のところとても良さそうです。



プライマルはスピルバーグやルーカスと違って、前作が何故か余りに能天気すぎるカントリーロックな内容だったので(なにしろ『カントリーガール』だもんね。いやぁ何故か口ずさんじゃうんだけどさ)、今回はその何らかの反動といいますかなんというかなのかはわかりませんが、ちょっと黒いプライマルの音でファンとしては期待せざるを得ない感じです。
そうそう、こういう過剰でうるさくて身体がそわそわして頭ごちゃごちゃになる感じがプライマルなんだよ。
ロックってのを俺が聞きたくなるときってのは結構頭ごちゃごちゃしてるときだったりするので、こういうごちゃごちゃ感が俺の理想のロック音楽なんです。

・今日会社で同僚と話してて、そのとき話していた人の中でiPodユーザーじゃない人っていうのがいない、っていう状況で、もちろん年代とかもあるんでしょうけど、すげぇ所持率だなぁ今時そんな商品ってあるんだなぁ、と感心したんですが、他にそんな商品ってあるでしょうかね?
ぱっと思いつくのはWindowsとかくらいなのかな。
これはOSだからまぁちょっとズルっちゃズルですが。
俺の周りではあまりニンテンドウDSとかPSPとかの所持率は高くないようなのですが、ひょっとしたらDSはiPod並なのでしょうかね。
あとなんだろなぁ。
そういう商品作りたいって思いましたよ。

・カズ九州かぁ。
でもまぁあれだ、配属決定するまでどうなるかわかんないから一応どこ行っても大丈夫なように冬服処分するのは待っておきなさいね。
俺だって今頃横浜にいる予定だったんだよ。
で、九州に決まった暁には遊びに行くよ。
  1. 2008/07/10(木) 23:25:18|
  2. タケシ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タケシ日記~あなたと私で夢の国~

週末新潟に。
大学時代の友達の結婚披露宴でした。
あれだね、こんなに楽しんだ!っていう披露宴とその他もろもろもないなと思うくらいの披露宴だった、という感想を言うと怒られてしまうかもしれないけど、なんかとっても楽しかったなぁ。
余興はアレだったかもしれないけど、っていうかハプニングだらけで何がなんだかわからなかったくらいだけど、なんというかこちらがとても幸せな気持ちになる良い披露宴でした。
幸せそうな2人には幸せな雰囲気が寄ってくるのかしらね。

デジタルフォトフレームというものが欲しくて欲しくて仕方がないと常々言っていたら、ついに我が家にデジタルフォトフレームがやってきました。
デジカメの画像は簡単に撮れて簡単に見れて簡単に保存できるけど、中々見ない、なんかもったいないよな、と思っているあなたやあなたはきっとこの家電を好きになるでしょう。
要はデジカメ画像の写真立て感覚のフォトフレームなわけですが、そのデジタルフォトフレームに映し出される披露宴のときの写真がとっても良いです。
幸せそうな2人の写真、遠くの方に写ってる新郎新婦を見つけ出すのが大変なくらい大きく割り込んでる大学時代の友人、もはやマイクスタンドがメインでその向こうにかすかに見える緊張している新郎、いやぁなんだか非常にわれわれらしくて良いです。
こんな写真しかないけど、もしあれだったら送りますよ、やっさん?
  1. 2008/06/30(月) 22:51:20|
  2. タケシ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タケシ日記~ポールマッカートニーも誕生日でした~

と、いうわけで、6/18は27回目の誕生日でした。
どうもどうもどうもありがとうございます!
とは言ってもド平日、週の中日の水曜日というわけでいたって昼間は普通の生活をしていたわけですが、夜はちょいと食事をしに行き、思いがけないプレゼントなどもいただいたりのそれはそれは良い誕生日になりました。

そんなピチピチの27歳なりたての俺ですが、話はがらりと変わって、もうそろそろブレーメンの新曲が登場します。
タイトルは『26~say a new word~』というタイトルになりそうです。
ご想像の通り、26歳のときに作り始めて、俺が26歳の間には完成しきれなかった作品なのですが、残りの2人は全然まだまだ26歳なのでブレーメンの平均を取ればほぼ26歳と言っても過言ではないわけで、それはもうこの民主主義の理想のようなバンド、ザ・ブレーメンではいたって普通のことであり、それはそれ、これはこれ、ということで、タイトルは『26~say a new word~』です。
詳しくはUPしたときにでも、と思うのですが、この間コモリくんが日記にも書いてた通り、基本的には以前作った『20』という曲を意識しながら作った曲です。
もうそろそろですよ、と言ってから長かったり短かったりするわれわれですが、こう日記に書くということは結構出来ています、ということなので、どうか皆さまもう少し気を長くして待っていてもらえるととても嬉しいです。
こういっちゃあなんですが、水面下では結構活発なブレーメンです。

それにしてもあれからもう6年なのかね。
6年前って2002年だから、あれですね、トルシエジャパンの。
そらぁ監督も3人も変わるってことは月日も流れてるってなもんですよね。
  1. 2008/06/20(金) 00:01:35|
  2. タケシ日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

FC2カウンター

プロフィール

ザ・ブレーメン

Author:ザ・ブレーメン
2000年生まれの宅録3人組です。
ほとんどメンバー間で喧嘩もなく無事6年目に突入しました。
『ブレーメンの隠れ家』というHPでマイペースに活動しています。
この「若気のいたり」ではメンバー3人が日々のあんなことやそんなことを書いていきます。
「旧・若気のいたり」はコチラ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。